怖い便秘にサヨウナラ

「便秘で、3日出てないんだ」…

 

慢性的に便秘気味の人は、それくらい「いつものこと」と慣れてしまっているかもしれません。でも、よく思い出してください。この3日問で、あなたはどれだけの量を食べたのでしょうか。3日で9回分の食事、その残りカスが体外に出されずにため込まれているのです。

 

 

便秘で死ぬこともある!!

 

1998年に、重い便秘のために死んだ21歳の女性の報告が、法医学誌に発表されました。

 

女性のお腹は妊娠満期のように膨らんでいました。腸内に溜まった6.7sもの便により、「腸閉鎖」になったのが死の原因でした。腸がふさがり、便が移動できなくなってしまったのです。この女性は「一年前から便秘がちでたぴたび腹痛を訴えましたが、市販薬を飲むだけで、病院には行きませんでした。

 

普段から便秘にならないための努力をし、安易に薬に頼らず、便秘になってしまったら甘く見ずに医師に相談することが大事です。

 

 

便秘知らずのヒケツは

 

美容面でも便秘は大敵!肌をくすませ、ニキビや吹き出物を作るのです。

 

では、どうやって退治したらいいのでしょうか。

 

「食物繊維が豊富なものを食べる」、「便意を感じたらガマンしない」、「朝のトイレを習慣化する」などなど、基本的なことはあなたも心がけていたのではないでしょうか?「そんなのはとっくに実践してる。でも出ないの」と言うあなた。
では、お水はしっかり飲んでいますか?

 

便秘解消の強い味方は、朝、起き抜けの水なんです。

 

目覚めたばかりの身体は、胃腸の働きを副交感神経が抑制しています。ところが水を飲むと、交感神経にスイッチが切り替わり、胃腸が活発に活動し始め、便を押し出そうとしてくれます。
起き抜けに飲む水は、コップ『1、2杯の冷たい水であれば、より効果的です。ただし、身体を冷やさないように、注意してください。
目覚めの、たっぷりの冷水が、便意を引き起こしてくれます。あわてず、ゆっくり時間をかけて飲みましょう。

 

大事なのは「冷たい水がよいのは、便秘解消を目的とした、朝の水だけ」ということ。基本は常温の水なので、その点は忘れないでくださいね。