ダイエットにも水が大事

スーパーモデルと呼ばれる、世界でもっとも美しさにこだわる人たちが、こぞって水を飲んでいるのはもはや常識ですね。

 

容姿で世界を魅了する彼女たちは、より美しくなるために、最新の情報を敏感にキャッチし、すぐに日常生活で実践します。この積極性は見習いたいですね。スリムな身体が資本の彼女たちが、なぜ大量の水を飲むのか。それは、ダイエットにも水が大事だと知っているからです。

 

水は、体内に入ると胃腸を刺激し、便通を促します。規則正しい排便は、腸内環境をよくし、リンパの流れをスムーズにします。すると、水分代謝が良くなり、脂肪を燃焼しやすい身体になり、ダイエットに最適な下地を作ってくれるのです。

 

 

有酸素運動の効率アップ

 

ダイエットに効果的な有酸素運動。有酸素運動とは、水泳やウォーキングなど、一定の呼吸と運動強度で継続的に行う運動です。体脂肪の燃焼には酸素が必要です。大量の酸素を取り入れるために、有酸素運動はダイエットに欠かせません。そして、この酸素を体中に行き渡らせるのが血液です。

 

運動中は汗をかき、血液が濃くなりがち。
水を摂取すると、血液がサラサラと流れ、酸素もすみずみまで順調に送られます。体脂肪燃焼を効率的にするには、水が必要なのです。

 

 

セルライトをやっつけろ!

 

太ももやお尻の皮膚が、ボコボコ波打っていたら、それは脂肪の固まり「セルライト」かもしれませんよ。血液循環の悪さからできるもので、見た目が良くなく、女性の悩みのタネです。

 

高価なスリミング剤より、食生活を改めましよう。血液をきれいにし、流れを良くするといえぱ、青魚に含まれるDHA。しかし青魚は脂も多く力ロリーも高め。ダイエット中なら気になってしまいますね。

 

そこで、ノンカロリーの水が強い味方になってくれます。血液サラサラには、やはり水。水には代謝を良くし、体内に滞る不要な水分を排出する力もあります。

 

「水を飲んだら太る、むくむ」と、ダイエット中に水を敬遠するのは、大きな間違いです。肥満体の水分量は、やせ型の人より10%も少なく、水分不足なのです。これは筋肉の水分量70〜80%に対し、脂肪細胞は10〜30%ほどしかないから。ダイエットにこそ、水が必要だとおわかりいただけましたか?