美肌の秘密は水にあり

赤ちゃんの肌は、とってもピチピチでプルプルしています。思わす触ってしまいたくなる、きれいな肌をしていますよね。赤ちゃんの肌は、細胞の新陳代謝が活発なため、たくさんの水分を保有する必要があるのです。

 

新生児の身体は、80%が水分なのです。成人女性は55%、高齢になると50%と、年と共に身体の水分量は減る一方。また、細胞の活動も20代から弱まっていきます。

 

つまり、年齢とともに細胞組織は硬く乾燥していき、ハリやみずみずしさが失われていくのです。また、水分量が高い肌は、透明感もあるものですが、水分が減れば当然、赤ちやんの頃にあった透明感もなくなります。

 

でも、あきらめるのはまだ早いです。たっぷりと水分を摂取することによって、肌の哀えを緩やかにすることが可能です。水を意識して摂りだすと、皮膚表面がなめらかになったり、肌にもちもちした弾力が出てきます。

 

 

肌に栄養と酸素を!

 

肌は血液から酸素と栄養をもらっています。血流が悪くなると、肌にてきめんに悪影響が現れます。ミネラル不足は、肌荒れ、シミ、くすみ、乾燥などの肌トラブルを招きます。肌に必要なミネラルをバランスよく含む水を飲んで、肌トラブルを防ぎましょう。

 

みずみずしさを保つためには、たっぷりの栄養と酸素を細胞に行き渡らせなくてはなりません。目の下の色素沈着であるクマは、新陳代謝を高めることで皮膚が生まれ変わり、だんだんと薄くなります。または、酸素が足りないために汚れた血液が滞って黒っぽく見える場合もあり、どちらにしても血液の循環を高めるのが、美肌への近道です。

 

タバコは美肌の大敵です

 

厚生労働省による国民栄養調査の中に、喫煙率の調査があります。近年は健康志向の高まりからか、男性の喫煙率は年々下がっています。が、残念なことに女性の喫煙率は上昇ベースにあります。

 

健康面はもちろん、女性が気になる美容面においても、タバコはおすすめできません。タバコには血管を収縮させる働きがあり、血液の流れが悪くなります。このため、肌がくすんだようになります。

 

禁煙するのが望ましいのですが、こまめに水分を補給し、積極的に血液の流れを助けてあげましょう。