カラダを温めて毒素排出

あなたは自分の平熱を知っていますか?現代には低体温の人が増えています。「私は35度くらい」なんて平気な顔をしていると、のちのちとんでもないことになるかもしれません。

 

人間の体温の平均は、わきの下で36.5度とされています。しかし、近頃は平熱が35度以下という低体温の人が増加中。これは身体の免疫機能・修復機能が落ちているから。この状態が長く続けぱ、大きな病気を招きかねません。

 

冷えからくる卵巣機能低下は、不妊、更年期障害の低年齢化につながります。
腎機能の低下は、身体の老廃物、毒素を排出する力を弱め、身体に有害物質を溜め込んでいくことに。また、体温が35度を下回ると、がん細胞が発生しやすくなり、がんになりやすいとも言われています。

 

また、冷えは血行を阻害し、酸素や栄養が全身に行き渡りにくくなり、老化が促進されます。さらに、基礎代謝も悪くし、体熱生産機能を低下させて、さらなる冷えを招くのです。

 

 

冷えをとって水を飲もう

 

十分な量の水を飲むのが、デトックスの基本。しかし、肝心の身体に冷えがあると、望むような効果が得られません。

 

「むくみ」の理由が、身体の冷えにあると説明しましたね。身体が温まっていれば、水がその力を余すことなく発揮し、体内に滞る不要な水分を排出してくれるはずです。冷えがあるぱかりにむくんでしまうのでは、おちおち水も飲めませんね。
「冷たい身体は、溜め込む身体」、「温かい身体は、出す身体」と覚えましょう。

 

日常生活で心がけること

 

◆規則正しい生活
◆バランスのよい食事
◆ストレスを減らす
◆ガードルなどで身体を締め付けない
◆ハイヒールははかない
◆適度な運動をする
◆マッサージで血行を良くする

 

どれも、血行を良くして、身体を温めるのに心がけたいポイントです。ハイヒールは、姿勢が悪くなり、背骨や腸骨がゆがんで血行を悪くしがちなため、好ましくありません。