お風呂は身近なデトックス

美と健康のために活躍する「水」は飲む以外にも活躍してくれます。そう、それは「お風呂」!身体をよく温めることは、美と健康を手に入れるために忘れてはいけない要素です。

 

水を飲むにあたって、「身体を冷やさない、常温の水を」と繰り返し強調してきたのも、冷えは万病の元だから。
身体を冷やすと、筋肉や腱は縮んで、それがコリを呼びます。身体が緊張状態にあるので、精神的にも疲れてしまいます。免疫機能が低下し、内臓の働きが悪くなり…と負のスパイラル状態。身体を温めて汗をかき、毒素を排出する「入浴」を今こそ見直す時です。

 

最近ではシャワーだけで済ませてしまう人も多いようですが、自宅のお風呂は、あなたのすぐそばにある健康ランド!お湯につからないのは、もったいなさすぎです。

 

ここでは一番よい入浴法をレクチャーしましょう。

 

 

お風呂のハウツー「半身浴」

 

お湯の温度は体温よりやや高めの、38度〜39度。手を入れると、ややぬるく感じる温度です。
湯量は、腰から胸の下あたりまで。
腕はお湯の外に出し、20分〜30分のんぴりつかってください。
上半身が寒かったら、タオルをかけて。
汗を大量にかきます。
半身浴の前後には多めの水を飲んでくださいね!その水は水素水がおススメです!

 

 

お風呂のハウツー「入浴剤」

 

入浴剤には、「お湯をまろやかにして肌への刺激を減らす」、「香りでリラックスさせる」、「身体を温め湯冷めを防ぐ」などの効果が期待できます。いろいろ揃えて気分で選ぶのも、楽しいですね。

 

でも、あまりに種類が多く、どれがいいのか迷ってしまうかもしれません。そんな方にオススメは、天然の岩塩です。
岩塩とは、大昔、海だった場所から採れる塩のこと。岩塩にはナトリウム、カルシウム、リン、鉄、カリウム、マグネシウムなどのミネラルがたっぷり含まれています。

 

海の水が良いからと、アトピーや皮膚病治療で海水浴が推奨されていますね。
肌に潤いを与えることにより、乾燥からくる皮膚のかゆみを抑えてくれます。しっとり、ツルツルが実現するのです。身体の芯から温まり、湯冷めしにくいのも特徴。

 

 

結論―岩塩半身浴が最高!

 

代謝を上げる半身浴と岩塩の組み合わせはまさにデトックスの近道です。
お手軽なのも魅力ですね。